乱視矯正のススメ

乱視は、眼精疲労や肩こり、頭痛の原因となりますが、昨今では乱視矯正技術が発達しており、乱視矯正を行う人が増えています。乱視による障害に悩んでいる人は、レーシックやコンタクトレンズによる乱視矯正を検討してみてはいかがですか?

乱視矯正もできるレーシックの今後の動向

乱視矯正も可能であるレーシック手術は、レーシック先進国のアメリカ以外では、欧州と中国が増加して行く状態にあると言われています。

レーシックの次に今後非常に注目を浴びているウェーブフロント技術も、これから増えて行く乱視矯正技術です。

また、世界中の眼科医が集まると言われている眼科国際学会では、様々な乱視を含める目の異常の矯正技術が話し合われています。

もともと、この眼科国際学会は白内障の手術に対して開かれていた学会でしたが、今では乱視・近視・老眼・遠視などの手術に関する議題が中心となっています。

レーシック手術が行われるまでは、乱視の中でも、不正乱視は矯正がむずかしいといわれてきましたが、レーシックの登場で可能になりました。

この先も、医学の進歩に伴って、様々な目の障害を矯正する技術が登場していくかもしれません。

タグ:  
乱視矯正レーシック | permalink | - | - |

乱視矯正もできるレーシック先進国アメリカ

乱視矯正も含め、近視や遠視などと言った目の異常を矯正することが出来るのがレーシック手術です。

レーシック手術の先進国といえばアメリカで、年間100万人の人がレーシックによる乱視矯正近視矯正手術を行っています。

現在は、目の手術の中でも多い手術である白内障の手術を追い抜く勢いで、レーシックによる乱視矯正や近視矯正が行われているようです。

乱視矯正も出来ると言う点で、非常に画期的な手術ですが、いまや一般的な手術としてアメリカでは受け入れられているようです。

日本でも、最近はレーシック手術の手術件数が急速に増えており、レーシック手術の認知度はかなり高くなっています。

まだまだ、アメリカには及びませんが、今後も手術件数は増加の一途をたどる事になるでしょう。

また、日本でのレーシック手術の認知度が高まるにつれて、レーシック手術を行うクリニックの数も増えています。
中には、ドイツからの最先端機器を導入しているクリニックもあります。

タグ:  
乱視矯正レーシック | permalink | - | - |

乱視用カラーコンタクト

最近は、目の問題を抱えている人の間では、コンタクトレンズが主流になっています。

中には、カラーコンタクトで目のおしゃれを楽しんでいる人も増えてきています。

この風潮からか、乱視の人にも使うことができる乱視用カラーコンタクトも購入できるようになっています。

近視用のカラーコンタクトも度なしのカラーコンタクトもあります。
近視用のカラーコンタクトや度なしのカラーコンタクトは、眼科で購入することができます。

しかし、乱視用のカラーコンタクトは眼科では販売されておらず、今現在は個人輸入で購入するのが主流のようです。

カラーコンタクトは煮沸消毒をすることができないため、しっかりと普通の消毒をする必要があります。

カラーコンタクトといえども、目に入れるものですから、レンズのケアはきちんとしましょう。

タグ:  
乱視用コンタクトレンズ | permalink | - | - |